賃貸の鍵をなくしたらまずは大家か管理人に相談だ!

家に入ってみよう… …それ?

おそらく鍵はありません!

何?

そのようなことは誰にも起こり得る。

鍵を紛失した場合、家に入ることができなくなり、困ったことになります。

あなたがアパートキーを紛失したことに気づいたら、私たちは何をしますか?

今回はそのような時に役立つ情報を紹介します。

落ち着いて最初に検索する

私が家に帰ってから私がアパートキーを紛失してしまった時、私は辛抱強くなります。

まず、静かにして、あなたのいつもの行動を覚えましょう。

・出かける場所

あなたが訪れた店や職場にそれを残すことを忘れましたか?

人々を話したり話したり、注意しているときには注意したりすることによって、人々を忘れてしまったかもしれません。

・車、公共交通機関

車、電車、バスなどに乗っている可能性もあります

一度公共交通機関などに連絡しましょう。

運転席だけでなく、シートのしっかりとしたクリアランスも見てみましょう。

・服

あなたがあなたのポケットの中に何かを探していても、あなたが服の後ろにいるときにそれを気付かないかもしれません。

・財布、アクセサリー

財布や小物の中に入っている可能性があります。

通常はキーを入れない場合でも、一度検索してみましょう。

その日を振り返り、あなたの行動を今日見直すことも重要です。

あなたが来た場所と買い物した場所を思い出しましょう。

紛失品目情報を確認する

あなたがアパートの鍵を紛失したら、紛失したものとして警察に知らせましょう。

幸運な人はそれを警察に届けます。

警察HPから紛失したアイテムを検索することもできます。

しかし、拾った人があなたが検索できるまで警察署に届け出るまでは遅くなります。

あなたが急いでいる場合は、あなたが落とした場所の管轄の警察署の警察署に連絡すれば、より速くなります。

家主/管理会社に連絡する

あなたが何かを探しても、アパートの鍵を失ったときは、必ず家主または管理会社に連絡してください。

所有者と管理会社は、しばしばスペアキーを持っているので、開くことができる可能性があります。

鍵交換を確実にする

私は鍵を開いて家に入ることができれば誰でも安心できると思う。

しかし、あなたがアパートの鍵を紛失してもそれを見つけることができない場合、犯罪防止のために鍵自体を交換する必要があります。

すべての鍵穴を交換する必要があるため、所有者と管理会社の承認が必要になります。

キーカードの紛失や盗難を防ぐために、オーナーや管理会社に報告する場合があります。

それを報告しなければ、元の状態に戻すためにコピー価格が請求されることがあります。

鍵交換手数料について

あなたがアパートの鍵を失ったら、鍵を変更する必要があります。

その後、代理店に鍵交換を依頼すると、費用は自己負担となりますか?

契約時の書面では、借り手が鍵交換手数料を負担することが書かれているので、一度契約を確認する必要があります。

また、鍵交換手数料に関しては、家主と賃借人の間でトラブルが発生することが多いため、国土交通省は「国家の復旧に関するトラブルと指針」のルールを定めている。

ガイドラインには、「貸し手が負担することは合理的です」と述べているので、交渉によって負担を負うことはありません。

経費のために家主とトラブルがあると思われる場合は、国土交通省のガイドラインを知っておくと役に立ちます。

自己負担になったら、どれくらいの費用がかかりますか?

一般的に、鍵交換の費用は約5,000円〜10,000円です。

ただし、特別な鍵として、サービスプロバイダーの出張サービスで受け入れられない場合がありますので、代理店にお問い合わせいただく前に確認してください。

さらに、火災保険には鍵の補償があるかもしれません。

その場合、鍵を無料で交換することができますので、一度加入した火災保険をチェックしてください。

まとめ

あなたのアパートキーを紛失したことに気がついたら、落ち着いて通常の行動パターンを振り返りましょう。

よく思い出して、予期せぬ場所に残っている可能性があります。

是非、家主や管理会社に連絡することができない場合は、予備の鍵でそれを開くことができます。

家主や管理会社に連絡できない場合は、予備の鍵がない場合は、鍵機関に依頼するとすぐに急いでキーを開くことができます。

また、あなたが鍵を失うと、あなた自身が鍵を交換しない限り、欠員になる危険性もあります。

その場合は、鍵穴自体を交換する必要がありますので、所有者および管理会社にも連絡してください。

鍵を交換するコストは、アパートを借りるときの契約内容に大きく依存します。

したがって、自己負担となるケースが多いようです。

ただし、火災保険に加入している場合は、鍵交換手数料に保険が適用される場合もありますので、契約内容を確認しましょう。

関連記事

ページの先頭へ